転職活動をされるなら、気になる求人(OR 職種)があったら、…

転職活動しているとき、気になる求人(職種)を見た際に…

転職活動をしているなら、気になる求人(OR 業種)を見た際に絶対「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、業界のマイナスとなる面は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索ですぐに現実を知ることができます。そのような現実を知らずに入社してしまうと、あとでガッカリしてしまう可能性が高いです。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人の出入りが激しい」といったケースが多くを占めます。気になった業種について、下調べをしてから応募しましょう。

再就職では、とても重要視されるのが「面接」です。

再就職において、比較的重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。多くの場合面接では、面接担当者が応募者に対して転職理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そして、一通りの質問と説明が終わると、転職希望者から、面接担当の人へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の人から「何か弊社について疑問点はありますか?」と聞いてくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人が緊張のあまり、戸惑う可能性もありまよすね。後々後悔しないように前もって面接担当者からの質問に際し、(あなたからの質問を)準備しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

看護師という仕事の人の違う仕事に転職を決断するキッカケは、…

看護師という職業の人のほかの仕事に転職を決断するキッカケは、その人によりけりです。さまざまな理由がありますが、看護師からの転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚で配偶者のこともあって出産それから子育てそれから家族の介護など、いくつかの仕事環境の変化など、これまでのような働けなくなってしまった」「今の収入面で不満がある」など、さまざまな理由が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、実際に転職される前にどうして転職をしたいとと、改めて冷静に、現状を客観視することも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

職を探すのに、ウェブ上でのエージェントのお世話になるケースもありますが、…

転職する時にインターネットでのエージェントのお世話になることもあるでしょうが、そういったエージェントに登録してその結果仕事に就くことができたとしても、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就業しても給付されないので注意する必要があります。一方、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらい、就職できたときは、就業のための準備費用として一時金が支給されます。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。押さえておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接を受けに行く際には、…

クールビズの服装で転職の面接場に出向く際には、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だと分かりますが、ネクタイは着用しているほうが印象的には良いです。タイの着用はなくても良いと思っている会社も存在するケースもあるにはあります。ですが、ネクタイに関してだけは例えクールビズであっても身だしなみとしてつける必要があると考える会社が存在するわけです。そういった訳で、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイを必ず着用してから面接に行った方が安全であるということを知っておいてほしいです。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました