未分類

未分類

再就職の際の面接では、中小企業であれば、おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官です・・

再就職のときに行われる面接というのは、小規模業者クラスの場合ほとんどが「人事」が面接官となりますが、100%ではないのです。具体的には、仕事を一緒にしていく管理職、平たく言えば中間管理職である部長や課長が面接する可能性も考えられます。また事務系や営業系に再就職する場合は資格での人の評価が難しいのでやはり自分を売り込んでいくことがとても重要になります。
未分類

転職時、とても重視されるのがまぎれもなく「面接」である。

再就職をするときに重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。普通一般的な面接の際は当人に対して転職を決意した経緯や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そして、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から面接担当の人に疑問点などを質問できるわけです。
未分類

もしも転職することを、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまう・・

再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされることもあるので、むやみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。
未分類

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、何もしなくても受け取れると思っている人…

生涯初の失業保険の給付を受けるときに、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が極めて多いですが、それは間違いです。本当は、きちんと受け取り続けるためには、就職活動をしなければならず、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期でスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真剣に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。
未分類

新しく就いた勤め先でこれまでに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれ・・

新しく就いた職場で今までに身に付けたキャリアを活かせられれば、即戦力として認知され、直ぐ職場にも馴染めるし、同時に会社側としても、そのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、簡単だといえます。更に過去の働いていた職場と似たジャンルなら転職すること自体すんなり行くはずです。
未分類

転業を念頭に置いているなら多種多様な会社を調べたり比較したりしてお…

転職したいなら、多様な会社の採用情報の詳細を定期的に調べたり比較したりしておくと転業先を選びやすくなります。今現在の職場に不満足だと感じているケースでは、いざ転職活動を開始した時、どの企業も魅力的に映ってしまいます。そういった状況下では、どこを選んだらよいのか判断できなくなり、どんな企業でも飛びついてしまうのです。
未分類

転職活動を行っていると面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

転職活動を行っていて面接で間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは問題です。給与の不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官に好印象を与えるものではありません。
未分類

私はかつてかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつてずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルもまちまちでほぼ納得のいく対応をしてくれない方ばかりでした。こちらは人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという落胆した気持ちが募ってしまいました。
未分類

将来、徐々に単純労働は機械によってその切り替えによ…

近い将来、労働力という観点において今以上に短絡的な労働は機械化が進んでいき、そういう仕事をする労働人口は少なからず縮小していきます。なぜかというと考えなくてもできる仕事という観点では人よりも機械で作業するほうが圧倒的に能力が高いからです。数をカウントしたり、同一の動作を延々と反復したりすることは機械なら何も不自由もありません。もちろん人と違って泣き言を言わないし、肉体的な疲れもないし、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。
未分類

励んでいる転職する活動時、「自分は今まで、こういう種類…

転職する活動の際に「これまでこのような職場の仕事をがんばってきました」「過去の会社の仕事によって、こういったスキルを身につけることができました」とそれまでの成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールしようと考える人はわりと少なくありません。ですが、志願し再スタートを狙う企業で「近い将来こういった仕事をしたい」「斯くの如き内容の仕事をするのならぜひ貢献できると思う」と将来のプランを話してアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。
タイトルとURLをコピーしました